videoタグを使って動画を埋め込んでみよう

はじめに

ホームページに動画を埋め込みたいのですが、外部サービスなどを使って、埋め込みコードを貼らないといけないんですかねー・・・
ホームページに動画を埋め込むのは、外部サービスを使わなくても、videoタグを使えば埋め込むことができますよ。
本当ですか?ぜひ試して見たいです。
では、videoタグの使い方をご紹介していきましょう。

videoタグを使って動画を埋め込んでみよう

videoタグの使い方は次のようになります。今回の例では、ダウンロードボタンを削除しています。

<video src="動画のURL"controls="" disablepictureinpicture controlslist="nodownload"></video>

このコードを使って動画を埋め込んだ場合はこのようになります。

ダウンロードできるようにするためには、 disablepictureinpicture controlslist=”nodownload”の部分を削除することで可能になります。また、画面ロード時に自動的に動画がスタートしてほしい場合は、次のように記述します。

<video src="動画のURL" autoplay></video>


このように画面がロードされた時に自動的に動画がスタートしてる状態にすることもできます。

関連記事

  1. HTML箇条書きを書く

  2. HTMLでAタグに電話番号を設定しよう

  3. アコーディオンを作ってみよう

  4. HTMLで見出しをつける

  5. 画像をhoverして時にズームさせるcssを書こう

  6. ラジオボタン の文字を押したら選択できるようにしよう

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Translate »